ハンバーガーメニュー ハンバーガーメニュー
閉じる
トップページ セイワパーク 採用サイト 社員紹介:設計開発部 金子 駿介

Staff Interview

社員紹介

設計開発部

金子 駿介

一度諦めた建築士の夢を実現すべく、
仕事に勉強に邁進中。

金子 駿介

セイワパーク株式会社
設計開発部

質問:金子さんは、セイワパークの主力商品である国土交通省大臣認定のプレハブ式自走駐車場の設計を手がけていますが、駐車場を作る上で、どんなところが難しいですか?

立体駐車場には、在来品と認定品があり、セイワパークが手がける認定品の立体駐車場は、独自に国土交通省の認定を受けており、他社が真似できない商品です。
認定品は防災・構造等の安全性に関する国の厳しい基準をクリアしており、国が安全性等について保証(事前審査) 済みの商品である上に、防火設備の緩和等がある為、より安価にて提供できるというメリットがあります。認定品の駐車場を作っている会社は、日本では20社程度しかありません。この認定品を使ってお客様のご要望を満たしていくことにやりがいを感じますし、時には難しさも感じます。

質問:現在、一級建築士の資格取得の勉強中とのことですが、どうやってモチベーションを保っていますか?

お客様である設計事務所様や、建築会社様が1級建築士の資格をお持ちですので、こちらも資格を持つことで、安心感を持っていただきたいと思い勉強しています。平日は、会社に来る前の1時間と帰宅後の20:00~0:00ぐらいまで、土曜日は1日を勉強の時間に当てています。また、日曜は資格取得の学校に通っています。学費は、会社からの助成制度があり、私は現在、2年目のチャレンジです。早く資格を取ってもっと先輩方の力になりたいと思いますし、取ることでスキルアップにつなげたいと思います。それが、プレッシャーでもありますが、モチベーションにもつながっています。

質問:セイワパークはどのような会社ですか?

先輩後輩関係なく言い合える素敵な社風の会社だと思います。面倒見がいい先輩が多いです。

質問:やりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

自分が提案したプランをお客様が気に入ってくれたり、「そんなプランができるんだ!」と褒めてくれた時は嬉しいです。また、他社にプランで勝った時も嬉しいですね。お客様は、一つの物件に対して、複数の駐車場メーカーに相談されます。弊社の提案が良かったと採用してくれた時は、やりがいを感じます。

質問:設計士を目指した理由はなんですか?

私は福岡が好きなので、一生福岡で生きてくと決めており、地元の企業で就職したいと思っていました。大学で建築を学んでいたんですが、設計=設計事務所という固定概念から自分に合わないと考え、設計の道を諦めていました。そんな中、セイワパークに総合職で内定をもらい、就職後に配属でたまたま設計になり、立体駐車場という形で一級建築士を目指すことになり現在に至ります。中学校の時に思い描いていた形とは違いますが、違った形で夢を目指せているので、今は良かったと思っています。設計事務所やゼネコンなどで一級建築士を取ることだけが設計士への道じゃなかったんだなと気付かせてもらいました。

質問:今後の仕事の目標を教えてください。

一級建築士の資格は、仕事と密接に結びつくので、必ず取りたいと思っていますが、他にも仕事の幅を広げるために、別の資格にもチャレンジしたいです。
仕事のモチベーションの一つとして、自分のファンを増やしたいという思いがあります。私の仕事を気に入ってくれて、名指しで物件の紹介をしてくれるという状況を作りたいです。自分のファンが増えれば、仕事もいただけると思いますし、セイワパークのファンが増えることにもつながります。自分自身がもっと輝けるようになりたいと思います。

質問:どういった方に入社してきてほしいですか?

自主性を持った人ですね。駐車場の設計は特殊な仕事ですし、何にでも疑問を持って、自分で考えて動ける人に来ていただきたいです。一緒に立体駐車場を作ってみませんか?

エントリー